髪油

髪油と言っても今の若い人には「何のこっちゃ」と言うかもしれないが、私たちの若い頃は整髪料のことを髪油と言っていた。
理髪店に行っても「油は何にしますか」と聞かれたものである。最近は髪が少なくなったこともあって、ここ十年来洗髪してもわずかのヘアトニックだけで、髪油を付けたことはなかった。
ところが、ある日公式行事があると言うので、朝シャンをして出かけようとしたところ、急に髪油を付けようと思いたった。全くの気まぐれである。
残り少ない髪に油を付け七三に分け(たつもり)で颯爽と出かけたまでは良かったが、帰ってきてからが大変であった。
鏡を見ても別に変っところはないのだが、なんとなく髪が埃っぽい。春の風に巻き上げられた埃が油べったりの髪に絡みついているような気がして仕方がないのである。
夏ならばともかく春のこの時期に、一日に髪を二度洗ったのは初めてであった。

  髪油にからまる春の埃かな  英世

スポンサーサイト

コメント

Re: 髪油

一葉様
何事も自然のままがいいですね。
自分を良く見せよういう、何と馬鹿げた行為でしょうか。
もう何も思い残すことはありません。自然体でいきます。
                         英世

髪油

こんにちは。

昨日の句会お疲れ様でした。お世話になりました。

若いころの夫はポマードで固めていました。懐かしいです🎶

私はリンスなしの洗いっぱなしが好きですが、ヘアケアのためには
✖でしょうね。

顔も夜は何にもつけず、先が心配ですが、あるがままもいいかなと、
今は思っています。



コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1458-0665fd26

 | BLOG TOP |