雨蛙

十薬と共に出された兼題が雨蛙であった。雨蛙は梅雨時に多くあらわれることからこの名がついたと思われるが、実際は冬眠して生き延びる生命力旺盛な蛙である。
体長は3~4センチと小さく、脚には強力な吸盤があり、木の葉やガラスなどに張り付いて白い腹を見せているのをよく見かける。
体色は腹側が白色で、背中側が黄緑色で鼻筋から目、耳にかけて褐色の太い帯が通っている愛らしい蛙で、子供の頃は格好の遊び相手であった。
その雨蛙もめったに見ることができなくなり、父の「蛙も泥鰌もいなくなった」というつぶやきをまたも思い出してしまった。
芥川龍之介に「青蛙おのれもペンキぬりたてか」という有名な句がある。
厳密に言うと雨蛙と青蛙は別種であるが、歳時記によっては青蛙を雨蛙の傍題にしているものもある。
その雨蛙を詠んだ今日の一句をご紹介しよう。

  雨蛙田んぼの青に染まりけり  英世

スポンサーサイト

十薬

今回の硯潮句会の兼題は「十薬」と「雨蛙」であった。
まず十薬だが、一般的には「どくだみ」の名でよく知られている。
どくだみと言えば何となく毒のある植物のように思われがちだが、何と何とこのどくだみほど有用な植物はない。十薬とあるように十種の薬の効能があるとされている。
子供のころ火傷やできものに祖母はどくだみの葉を別の葉にくるんで火に焙り、患部に擦りつけてくれた。また、乾燥した葉や茎は煎じてどくだみ茶として飲めば、整腸、利尿、高血圧などに効果がある。
どくだみには独特の臭気があるが、それさえ我慢すれば、十字の白い可憐な花を楽しむことができる。
その十薬を詠んだ今日の一句をご紹介しよう。

  なほざりの庭十薬の天下かな  英世

一句の風景

たかが蚊と思へど夜の修羅場かな

最近は冷房や網戸などで完全防備した家が多く、部屋の中で蚊に刺されることは少なくなったが、それでも玄関ドアを開けた時などに舞い込んでくるものがいる。
こうなるともう家内は狂気かと思われるくらいに蚊を追いかける。それはまさに蚊との戦争であり修羅場であった。
選者から「蚊と闘っているのを修羅場としたところが面白かった。これが俳句の魂だ。」との評をいただいた。
2015年(平成27年)6月「季題:蚊(夏)」

都府楼址吟行

昨日の百年句会吟行は梅雨晴の中で、久しぶりに大宰府の都府楼址の史跡野から裏観世を巡るルートであった。
この都府楼址のそばには河野静雲ゆかりの寺や、静雲が高濱虚子の帯を戴いて祀った帯塚などがあり、ホトトギス門下の俳人には聖地と崇める大事な場所である。
この季節の都府楼址は一面に夏草が生い茂り、森は若葉を過ぎて眩いばかりの青葉が目に飛び込んで来る。広場には親子連れや趣味の愛好家などが梅雨の晴れ間のひと時を楽しんでいた。
そのような中で「竹とんぼ愛好会」というグループに出会い、竹とんぼを一個頂いて広い史跡野で飛ばして、まるで子供の頃に戻ったような気分であった。
今日はその竹トンボの句を今日の一句としてご紹介しよう。

  梅雨晴や女もすなる竹とんぼ  英世

私の好きな一句

分け入っても分け入っても青い山  山頭火

伝統俳句系の私だが、山頭火の句となると別である。
山頭火の句はある意味では俳句とは言えないかもしれないが、好きなものは好きである。
この句は山頭火45歳の折、全国行脚の旅に出た時に詠んだ句で、山頭火の俳句の中でも有名な句の一つである。
この山は青々とした美しい夏の山を連想し清々しさを感じるが、単に美しいだけではない。道なき道を歩き続け、行けども行けども続く青い山。なかなか目的地に到達しない切ない思いをその青い山に見ている。
山頭火は人生を模索し続ける自らの歩みをその青い山に重ね合わせていたに違いない。

 | BLOG TOP |  NEXT»»