愛莉と海釣り

素晴しい秋晴れの下、愛莉と父親の伸介と三人で室見川沖の防波堤に釣りに出かけた。
前々から息子に誘われていたもので、家内の反対を押し切ってやっと昨日実現した。愛莉はもちろんライフジャケットを付けてである。
朝7時に我が家に迎えに来てくれて、釣り始めたのが午前8時、竿を納めたのがお昼の11時であった。
私と愛莉は一本の竿で釣ることにし、えさの付け方から当りの取り方まで細かく教えたところすぐさま鯵子が喰いついてきた。その後も次々に釣れ、愛莉は釣れる度にキラキラと目を輝かせながら全身で喜びをあらわにしていた。
この日の二人共同での釣果は鯵子20匹、他にクロ、ママカリ等の雑魚が数匹であった。
一方息子はルアーで沖の大物を狙い、大きな鰆を2本釣り上げていた。
昔は趣味で釣りをしていたが、あまりにも遊びごとが多いと家内から注意され、一つぐらい減らそうと釣りを止めていた。これで元に戻らなければいいがと家内は内心にがにがしく思っているかもしれない。

 爽やかや波に釣り糸遊ばせて  英世

スポンサーサイト

 | BLOG TOP |