三月に入る

早いもので今日から三月である。
わが愛すべき孫娘鈴花も大学を卒業し、いよいよ社会人としての一歩を踏み出す。
思い起こせば、わたしが高校を卒業し、社会人になろうとする月も三月であった。卒業式から入社式までの約一カ月が人生の中で一番楽しかったような気がする。
長年馴染んできた学生服を脱ぎ、背広を初めて誂えネクタイの結び方を教わったのもこの月である。
ただ、私にはまだ収入がなく、貧乏百姓の親に迷惑をかけたことは今でも忘れない。何時かは恩返しをと思いながらも大したことはできなかった。
孫の鈴花も入社式の4月1日まで、最後の休暇を存分に楽しみ思い出を作ってもらいたいものである。

  三月の吉報後の別れかな  英世

««BACK  | BLOG TOP |