冬野三月号

冬野三月号が手元に届いた。
このところどういうわけか成績が急に安定し、今月は私の句に主宰と選者の句評をいただいた。
俳句は自分のためだと口にしながらも句評をいただくと嬉しいし、また頑張ろうという気にもなる。
例によって、その冬野三月号と他の句会の入選句をご紹介しよう。
冬野三月号
 年の瀬や新聞斜め読みの癖
 山茶花の散らねばならぬかに散りぬ
 モノクロの世界織りなす冬木立
 山霊に男一礼山眠る
 著ぶくれてまろき人柄そのままに
 未来へと冬芽は黙を通しけり
 石組みを残す窯跡山眠る
 姉は花妹は猫の毛布かな
 一人居の冬至の部屋の虚ろかな
 この子らの未来よかれと屠蘇を注ぐ
 師の句碑に遅き御慶を申しけり
 うるはしき巫女の言の葉春近し
冬野インターネット俳句会
 草萌や生温かき山羊の乳
 冬野より消えし友の名春寒し
 大いなる母の匂ひや春の土
俳句ステーション
 松島の松になだるる冬夕焼(特選一席)
 春著着て妻は女となりにけり(特選三席)
 凍滝と言へど幽かに水の音
 初夢の覚めて会へざる母と知る
NHK俳句入選
 風花や明るき海を吹き渡り

スポンサーサイト

 | BLOG TOP |