鈴花の卒業・就職祝

両親と一緒に我が家の隣に住む孫の鈴花が無事大学を卒業し就職するというので、昨日はささやかなお祝の宴を開いた。場所は彼女の希望で蟹専門店であった。
鈴花は正月の慌ただしさがやっと治まった1月9日の早朝に誕生した。
私にとっては待望の初孫と言うこともあって、心浮き浮きしながらさっそく会いに行った。
新生児室にすやすや眠っている鈴花をみた時に、思わず涙があふれてきたことを記憶している。
母親の長女は「可愛かろ、色が白かろ」とさっそく親バカぶりを発揮していたが、私も負けずに「うん、可愛いか、色が白か」とデレデレの爺バカぶりであった。
その後鈴花は何の面倒をかけることもなく順調に成長し今日を迎えた。
これからは社会人として、幸せな自分の道を歩いてもらいたいと願わずにはいられなかった。
鈴花にメールを送った。「鈴花、卒業おめでとう。そして今日はありがとう。パパとママをいつまでも大事に。爺より。」
このブログ見たら、涙もろい鈴花の親父は泣くだろうな。

   卒業やおんぶだつこのあの子がね  英世

2017031116550002 (002)
スポンサーサイト

 | BLOG TOP |