三月が終る

今日で三月が終る。
この三月は何と言っても新横綱稀勢の里の逆転優勝であろう。
致命的な怪我を負いながらも逆転優勝を果たしたその精神力は見事と言うしかなく、私も見倣わねばなるまい。解説者もこの稀勢の里の優勝は、これから長く語り継がれていくだろうと述べていた。
それにしても今月も忙しく、私のスケジュール表は真黒であった。
俳句と仕事の合間の主な行事だけでも、勤務していた会社社長との会食、確定申告、シルバー人材センター会員のつどい、鈴花の卒業就職祝いと盛りだくさんであった。
また、昨年もお話ししたように、今年も会員のつどいの司会を務めたし、確定申告に時間が掛かることはどうしても納得がいかない。その疲れを癒すために整骨院で全身マッサージをしてもらったほどである。
とはいえ、文句ばかり言っても仕方がない。明日からは四月、春爛漫を謳歌するとしよう。

  強東風や今日の整体痛かつた  英世

スポンサーサイト

 | BLOG TOP |