久しぶりの油山

一昨日、久しぶりに油山に登った。
いつもそうだが、朝目覚めるとカーテンを開けてその日の天気を確認することにしている。
春時雨も上がったこの日は素晴らしい晴天に恵まれ、「そうだ、油山に名残の桜を見に行こう」と即座に決めた。
何時もの様に近くのコンビニでおにぎりとわずかの惣菜を買い、デジカメを片手に山へ向かった。
油山は知る人ぞ知る桜の名所で、このブログでも数年前に紹介したことがある。
標高600メートルの山の中腹には、期待にたがわず見事な桜が残っていた。また、頭上の桜の更にその上では鶯がきれいな声で鳴交わし、いやが上でも春爛漫の雰囲気を作り出してくれた。
これが今年の最後の花見になるだろうと思いつつ、花見弁当をいただいた。もちろん山で御昼を食べるときはビール抜きである。
帰りはいつもの温泉に浸かり、整骨院で全身マッサージを受けて、疲れを取り英気を養った。

  遠目にも桜の山でありにけり  英世

IMG_4895.jpg IMG_4897.jpg
IMG_4894.jpg IMG_4905.jpg

スポンサーサイト

 | BLOG TOP |