私の好きな一句

紫は水に映らず花菖蒲  年尾

この句の碑が太宰府天満宮の菖蒲池に立っている。
太宰府は私たち福岡在住の俳人には吟行のメッカと言った場所で、この菖蒲池もそのスポットの一つである。
東神苑の菖蒲池には約55種3万本が咲き誇り、白、うす紫、紫の花々が水面に映る姿は、太宰府天満宮の菖蒲池ならではの見所となっている。
その菖蒲池にこの句碑は立っている。
高浜年尾は虚子の子で、ホトトギスの第二代主宰である。
句の意味は言わずもがなで、少しどんよりとした梅雨空の下では、水に映る花菖蒲の紫は濁った水に吸収されて映っていないというのである。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP |