進むべき俳句の道

昨日に続いて虚子本「進むべき俳句の道」をご紹介しよう。
この本は、虚子がホトトギスに掲載した雑詠第一期・第二期の中の作者及び作句について個別に評論したものである。
緒言で、虚子は「新」と言う文字は若者の特権であるが、上ずった「新」の文字だけが俳句の世界まで浸透することは不本意であると述べている。
また、子規は小主観を嫌って純客観句を提唱したが、虚子は客観の写生の中に主観はあってしかるべきだが、その主観は作り物や借り物ではいけないと、立子の句の主観の良さを取り上げて説いている。
実際の句の評論では個々の俳人の生い立ちや性格を詳細に紹介し、その生い立ちや性格の違いからくる句の特徴を適格に評論している。
冒頭の渡辺水巴(裕福な育ち)、村上鬼城(聴覚障害)、飯田蛇笏(信州住まい)の句には、それぞれの個性の違いが如実に表れており、それを虚子があるがままに評論していることに興味と感動を覚えた。

  秋立つや俳句の道の遠きこと  英世

スポンサーサイト

 | BLOG TOP |