九月の花ごよみ「露草」

秋の花は春のカラフルな花と違って、落ち着いた大人の雰囲気の花が多い。その一つが露草ではなかろうか。
名前の由来は花びらで布を染めたことから、古名は着き草、月草と呼ばれているが、私には露が降りる頃の可憐なイメージが強い。
講談社の四季はなごよみによると「これほど誰もが知っている野草は少ない。蛤を開いたような形の青い花」と紹介されている。
露草は日本全土を始め広く東アジアに分布し、ごく普通に見られる。中には道路の側溝の蓋の隙間から顔を出しているものもある。
露草はれっきとした秋の季題で、ほたるぐさと呼ばれるのもこの露草である。
俳句にもしばしば詠まれ、初秋の親しみ深い花である。

 露草の露をちりばめ咲きにけり  英世

tuyuku1.jpg tuyuku12.jpg
スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

俳句をやっていると名もない花にも愛情を感じるものです。
自然が好きになって本当によかったと思っています。

可憐でしっとりと趣きのある露草が私も大好きです。
名前の由来、面白いですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/100-4bbc84d2

 | BLOG TOP |