二月に入る

猛烈な雪の一月が終わりいよいよ二月である。
暦の上での春つまり立春は2月4日で、前日の3日が節分と言うことになる。それでも日差しは少しずつ伸びてきている。昨日はいつもの植物園を散歩したが、もう紅白の梅がほころび始めていた。
高島易断所の暦を見ていたら面白いことが書いてあった。
誕生日のことだが、太陽暦が採用される前までの一年は2月3日の節分が一年の区切りで、立春からが新しい年とされたという。したがって立春前日の節分までは前年の生まれと言うことになる。
と言うことは、2月10日生まれの愛莉は今でこそ早生まれとされているが、昔であれば堂々たる当年生まれと言うことで、体の大きい級友たちと走らなくても良かったのである。
一方、隣に住む鈴香は1月9日生まれなので昔でも早生まれと言うことになる。
また今年の2月はうるう年で、誕生日が4年に一回しか巡って来ない人もいる。2月の暦とはどうも不思議でならない。

 旧正やくしくも孫の誕生日  英世

2016013114200002.jpg 2016013114200001.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1006-34bb98ec

 | BLOG TOP |