愛莉の二学期

夏休が終わり愛莉は元気に学校へ通っているらしい。
らしいと言うのは、学校へは私の家の前を通って行くはずだが、時間が合わなかったのか昨日の朝は愛莉の通学姿を見ることができなかったからである。
この夏は約束の夜の水族館には行けなかったが、ミュージカルを見に行ったり、喫茶店でアイスを食べたり、公園に行ったりと結構一緒に遊んだ時間も多かった。
また、愛莉は一週間ほど母親の爺婆の家に泊まり込みで遊びに行った。子供にとって爺婆の家とはいえ、一人で過ごすことは大きな成長につながるに違いない。
そんな愛莉が昨日の午後、学校の帰りに私のもとに遊びに来た。
お昼のカレーライスを食べた後で、「夏休みは楽しかったか、宿題の工作はきちんとできたか、観察の朝顔は無事種を付けたか」と爺は余計な質問ばかりしたが、愛莉は当然と言わんばかりの顔をしていた。
今度会った時には、愛莉がどんな学校生活の話をしてくれるか今から楽しみである。

 一周り大きくなって九月かな  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/101-ddfdeb6f

 | BLOG TOP |