端切れ

ずいぶん前に近所の呉服屋の店主の話をしたが、その店主とまたまた居酒屋であった。
この前は一方的に店主に話されたので、今回は私の方から一つの質問をした。
「店先に箱いっぱいに端切れを詰めて、一箱500円で売っているが売れるのか」と尋ねた。すると店主はよく売れるという。
では「どのような人がどのような目的で買うのか」と尋ねたところ、人形やお手玉、貼り絵などの小物づくりに重宝されているという。
小物づくりだから色はやや明るいものがよく、柄は細かければこまいほどいいという。
確かに柄が大きいと人形にしてものっぺらぼうの服や着物になるし、お手玉も貼り絵も目立たなくなってしまう。
そのような話を聞きながら、この春は幼稚園の卒業生が卒業記念に貼り絵などを作るのもいいのではと思った。

 端切れとて春の色柄好まれり  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1016-d62866ee

 | BLOG TOP |