早春

今回の俳句の会「鴻臚」の兼題は「早春」と「冴返る」であった。
まず早春だがその名の通り春まだ浅い時期のことで初春(しょしゅん)と呼ぶこともある。
寒が明けたと言ってもまだまだ寒さが残り、時折忘れていたかのごとく寒さがぶり返すこともある。
とは言え、草木の芽吹きや生ぬるい風にどことなく春の息吹が感じられる。
この時期の季題には「寒明」とか「春浅し」「浅き春」などがあるが、早春と言う言葉にはこの季節にふさわしいやわらかい響きがあるような気がする。
その早春を詠んだ句の中から、この日の入選句をご紹介しよう。

 早春の日に隠れなき小富士かな  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1020-9b82905a

 | BLOG TOP |