極地に魅せられた女性

ずいぶん前の話だが、BS朝日のドキュメンタリー番組で南極と北極を取材した女性の特集を放映していた。
その女性とは朝日新聞記者・中山由美である。
番組の案内によると、「女性記者として初めて南極観測隊に参加、その後南極に2回、北極には4回も訪れ、極地取材のスペシャリストとして活躍している。12年にわたる極地取材を通して、彼女は一体何を感じ、何を伝えてきたのか。記者・中山由美の半生を通して“地球の今"に迫る」とある。
南極の極地探検や隕石探し、北極・グリーンランドに住みついた日本人の狩猟の様子の取材など、身体を張って活躍する彼女の姿に、日本人女性の逞しさを感じずにはいられなかった。
そう言えば、このブログでもご紹介したと思うが、小笹寿司で南極の氷で飲んだ焼酎が美味しかったことを思い出した。もちろんどうして南極の氷が手に入ったかは今でもよくわからない。

 南極の氷たっぷり梅見酒  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1024-46665a44

 | BLOG TOP |