梅見

福岡県の県花が梅の花になっているように福岡県には梅の名所がたくさんある。
思い付くだけでも太宰府天満宮、福岡城址、久留米の梅林寺、八女の谷川梅林などが浮かんでくる。
普通、花見と言えば桜であるが、春の花見の先駆けはいつもこの梅の花で、私も毎年梅見だけは欠かさない。
梅見の頃はまだ冬の寒さを引きずっているが、風のない暖かい日に恵まれれば花見同様の楽しさが味わえる。
梅の下での野点や茶店の緋毛氈の上での酒宴など、桜の華やかさとは違った落ち着いた梅見ができる。
なお似たような季題に探梅があるが、これは早咲きの梅を訪ねることで、冬の季題となっているので気を付けなければならない。
例によって梅の花の一句をご紹介しよう。

 二の丸に殿さん気分の梅見かな  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1027-d3702550

 | BLOG TOP |