福岡市美術展

福岡市立美術館で開催中の福岡市美術展を観に行った。
なぜならば、今回の美術展には私の高校の同級生が、同時に二人も入選しその作品が展示されているからである。
一人はいつもお話ししている日本舞踊のお師匠さんにして水彩画を得意とする才女である。
今回の作品は「隣の庭」と言うブルーと白を基調とした明るいカラーで描かれている風景画であった。近景に自宅から見た隣の庭のユリの花などを配し、遠景に筑紫の山並を取り入れた構図はどこか俳句に通じるものがある。
一方の入選者は男性で、彼も高校時代から絵を得意としていた。
県美術協会賞を受賞した彼の作品は「深海のあんこう」と言う作品で、あのグロテスクな魚のあんこうを、ややユーモラスにそして迫力満点に描いた油絵である。
いずれにしても稀代の才能を持つ二人の友人に恵まれたことは、私にとっても幸せと言うべきであろう。

 うららかや友の絵を観る美術展  英世

IMG_4476.jpg IMG_4475.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1055-b4083e49

 | BLOG TOP |