百年句会

二回続けて欠席した百年句会に久しぶりに参加した。
桜の開花宣言もなされ、暖かい春の日射しに恵まれたこの日は、我が家から歩いてほど近い野村望東尼ゆかりの平尾山荘から日本庭園の松風園を巡るコースであった。
まず平尾山荘では梅は終わり桜がほころび始める時期であったが、これと言ってみるべきものはない。ただ、ここは自然を愛でるところではなく、望東尼の勤王思想とその時代の流れを肌で感じるところである。
次に行った松風園は落ち着いた日本庭園で、庭の中央に象徴的に立っている楓の大木が、この時期小さな赤い芽をつけ、その花を待っている時期であった。
句会はお弁当を戴いた後でその松風園の一室で行われたが、味気ない会議室での句と違い何となく奥床しいものであった。
花嫁さんの記念撮影と言う華やぎの中で、いつも戴くお抹茶の味は最高であった。
例によってこの日の一句をご紹介しよう。

 国想ふ心を此処に初桜   英世

2016032009450000.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1057-a352d4f3

 | BLOG TOP |