三月が終る

今日で三月が終わる。
今月も嬉しいことや楽しいことが多かったが、その中でも何といっても塾生の大学合格の喜びの声が私を包み込んだことである。
この一年死に物狂いで勉強してきた若者に「心からおめでとう」と言おう。私もまた合格と言う桜の花吹雪を楽しむことができた。
一方、三月は確定申告の時期でもあった。
確定申告会場は大勢の人でごった返し、わずかな還付金を得るのに3時間以上もかかってしまった。
しかも申告書に配偶者特別控除が抜けていたことに気づき、翌日訂正の申告に行ったら、また前日と同じ手順で書きなおさせられ、この日も3時間かかった。最初の申告は係員の指導で作成したものだから、ミスは半々だと思うのだが。
それにしてもなぜ確定申告にこんなに時間が掛かるのだろうか。税の専門家ではないのでよくわからないが改善の余地がありそうな気がする。
また、お話しした愛宕山の吟行から舞鶴公園と毎日のように桜を眺めて春を謳歌したが、桜は4月の初めまで見られそうである。今日の夜は近くの公園で桜吹雪を浴びながら一献傾けるとしよう。

 会ふたびに桜のことを語りけり  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1065-62866624

 | BLOG TOP |