デジカメとアナログカメラ

最近デジタルカメラやスマートフォンの普及で、あちらこちらでぱちりぱちりとスナップを撮影している姿をよく見かける。
事実私も何かと撮影ポイントを見つけては気軽に撮っている。
ところが、最近そのことに少し疑問を感じている。
前にも一度お話ししたが、私は今のデジカメを使う前には一眼レフのアナログカメラを愛用していた。
今では骨董品並みに私の書架に飾っているが、その一眼レフで撮影する場合はポイントを慎重に選び、構図を考えに考え抜いて撮影していたものである。
フィルムを使っての撮影は当然金もかかるし、お店に現像を依頼するので下手な写真を撮る訳にはいかなかったのである。
それが今ではただ同然で撮影できるので、むやみやたらと撮影し、結果的に偶然良いものだけを残すことになる。
果たしてこれで写真が文化と言えるのだろうか。
気になって仕方がないが、今さらアナログカメラに替える訳にはいかないだろう。

 アングルをはみ出す笑顔花吹雪  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1072-14ce13f0

 | BLOG TOP |