柊の葉余話

昨日は日本庭園の話をしたが、今日は柊の葉の話の続きをしよう。
先日、柊の葉は鬼も怖がるような鋭いとげがあるが、年と共にその葉は丸みを帯びていくと聞き、私もそのように棘(角)が取れて丸くなりたいという話をした。
本当だろうかと植物園に行って調べてみると、何とそのまんまのことが柊の説明版に書いてあった。
この日は絶好の天気で、幼稚園の遠足などたくさんの人でにぎわっていたが、柊の葉に目を留める人など一人もいない。
私が柊の葉の前でかがみこんで写真を撮っていると、幼稚園の子たちが何をしているのと聞いてきた。
幼稚園の子に柊の葉の話をしても仕方がないが、一応説明すると案の定きょとんとして聞いていたものの、そのうちの一人が葉に触れるとみんなが一斉に葉に触りだした。子供はこうしていろんな知識を吸収していくのだろう。
私もまだまだこの子供たちには負けてはおれないと思った。

  遠足や弁当に花咲き乱れ  英世

2016041413560000.jpg
2016041413570000.jpg 2016041413560002.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1083-e4c1382d

 | BLOG TOP |