狸がいなくなった里山

我が家のすぐ裏の里山「鴻巣山」は、たびたびお話ししているように私の散歩コースの一つである。
この山に狸がいなくなって久しくなる。
何故狸がいなくなったことが分かったかと言えば、いくつかある山の入り口の一つに、つい最近までは「狸がいる鴻巣山を大事にしよう」と言った看板が立てられていたが、それが最近取り外されたからである。
おそらく看板の管理者も最近狸を見なくなったので、その狸がいるかどうか自信がなくなったのだろう。
確かに都心の里山だけに狸がいること自体珍しかったのだが、このところの開発で住いが奪われてしまったのだろう。
でも、どこかでひっそりと生きているような気がしないでもないのだが。

  春の月狸はどこへ行つたやら  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1092-407e6664

 | BLOG TOP |