よみがえる英雄伝説

昨日は中国の歴史の本の話をしたが、少し前にNHKBS放送(再放送)で「よみがえる英雄伝説」なるものを見た。
いろいろ放送された中国の英雄伝説の中で私が見たのは「紂王と太公望~王朝文化・古代最大の決戦~」と「伝説の王・禹~最古の王朝の謎~」であった。
「中国の歴史」と「史記」で何回も読んでよく承知している話ではあるが、それをドキュメンタリー風にビジュアル化されるとついつい引き込まれてしまう。
特に、よみがえるとタイトルがあるように遺跡から出土した亀甲文字や青銅器に刻まれた文字から、今まで史実かどうか疑われていた王朝や人物の存在が証明されると、なんとなく「それ見ろ、史実だっただろう」とエールを送りたくなる。
これから中国に限らず日本を含めた古代王朝のロマンに、ますますのめり込みそうな予感がする。

 薫風や発掘物に見る史実  英世

スポンサーサイト

コメント

突然のご連絡失礼致します。
きみきと申します。
英雄伝説のアンテナサイトを運営しているのですが、
貴サイト様を拝見させていただきまして、
是非相互リンクさせていただきたくご連絡差し上げました!
URL: http://goo.gl/jerxjv
お手数をお掛け致しますが、ご検討のほどよろしくお願い致します。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1121-c07acbdf

 | BLOG TOP |