六月の花ごよみ「樗・楝の花」

福岡市の舞鶴公園に名島城より移築した名島門が残っているが、その門をくぐって大濠公園の方に進むと、空高く紫色の花をつけた大木を見ることができる。それが楝(おうち)の花である。また、舞鶴城址の登城坂の頭上や頸洗池のほとりにもこの楝の花が咲いている。
この時期にこの辺りを吟行すると一目散にこの楝の花を目指す。それほどその薄紫の楝の花が皐月の風に揺れるさまは、まさに初夏の眩しい風景にふさわしい。
楝は暖かい西日本や九州に分布する樹木で、和名はせんだんと言われているが、資料によればことわざにある「栴檀は双葉より芳し」の栴檀は、この木ではなくビャクダンのこととある。
先日、その楝の花を句友と見に行った。口々に大木の割にはその花の可憐さを誉め讃え合っていた。

 官兵衛の旧居の坂や花楝  英世

sendan5_20160602063540010.jpg sendan7.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1129-6bae15ed

 | BLOG TOP |