冬野六月号

早いものでもう年半ばの六月である。
昨日は空梅雨ではと言ったとたんに北部九州も梅雨入りが宣言された。やはり自然は正直なものである。
そのような中で冬野六月号が届いた。成績は相変わらず芳しくないいが、例によって他の句会の入選句と共にご紹介しよう。
冬野六月号
 都会派と称し室見に残る鴨
 うららかや一日当てなき旅に出る
 堀割の鈍き艪音や柳の芽
 春雷に浮かれ出でたる蟲魚かな
 心まで濡れし思ひの花の雨
 今年までと決めたる峡の春田かな
 大胆に剪定するも情かな
 剪定の鋏の音に腕の冴え
 筑後川遥かに梨の花の丘
 長閑さやカレーまつりのエトランゼ
 萬四郎のくやし涙か春の雨 
冬野インターネット句会
 引揚の少女老いたり夏の雲
 薫風や三角ベースに五人の子
 風止んで一家で眠る鯉のぼり
 母の日や母に始まる我が記憶
俳句ステーション
 うららかや仏顔して眠る猫
 音立てて水飲む馬や草若葉
 これだけは老舗に限る桜餅
愚陀仏庵インターネット句会
 遠足や先生の影踏みまくる

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1132-8746169f

 | BLOG TOP |