蛞蝓

紫蘭と一緒に出された兼題が一転して嫌われものの蛞蝓(なめくじ)であった。
雨の多い時期のじめじめした場所に這いまわるあの女性に嫌われものの蛞蝓で、その字からしても何となくぬるぬるした感じがしてならない。
蛞蝓は陸上に住む貝類、例えばカタツムリなどの仲間だが、なぜ貝殻を徐々に退化させて中身だけで生きていけるようになったのだろうか。
私たちが良く目にする蛞蝓は庭の葉っぱの裏や、台所などを這いまわる小さなものであるが、山に住むものの中には10センチを超える大物もいると言う。
蛞蝓に塩とはよく言ったもので、水分の多い蛞蝓を退治するにはこの方法が一番手軽で効果的なようである。
その蛞蝓を詠んだ句の中から、この日の一句をご紹介しよう。

  なめくぢの天敵吾の妻と塩  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1140-4333ebe0

 | BLOG TOP |