羽黒神社

ずいぶん前に福岡市の各地の氏神様を訪ねたいとお話ししていたが、今日はその中の羽黒神社参拝の話である。
羽黒神社は南区柏原にある神社だが、氏神と言うには驚くほどの広大な杜と荘厳な本殿を構えている。
前々からこの神社に興味を持っていたが、その理由はおよそ福岡には縁のなさそうな羽黒と言う宮の名前にあった。羽黒と言えば出羽三山の一つで、羽黒と言う名はそれしか頭に浮かばなかったのである。
実はそれもそのはずで、この羽黒神社は創建の時代は明らかではないが、「筑前国続風土記拾遺」に天正14年(1586年)の当社に関する文書の存在を示す記載があり、中世のころ出羽羽黒山の修験者によって勧請されたと言われている。
これで長年気になっていた羽黒神社の名の謂れを知ることが出来た。
すぐ隣には花畑園芸公園があり、これから私の格好の散歩コースになりそうである。

  梅雨晴の光耀く里の宮  英世

59069cfc8e366b839972a1a7b8264aa2.jpg 2016061413460000.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1150-d3fc56c9

 | BLOG TOP |