六月が終る

今日で6月も終るが、何時上がるともなく雨は降り続いている。梅雨は一体何時終わるのだろうか。
そのような中で明るい6月の思い出をお話ししよう。
少し前にお話しした藤崎吟行の折に戴いたお昼のお蕎麦が美味しかったことである。
各地を訪れる吟行ではお昼に何を食べるかも楽しみの一つである。そういった意味では私は当番幹事さんが用意してくれる弁当よりも、自由に食べる方が楽しくて好きである。
この日は紅葉八幡宮の大鳥居のすぐ西側にある小さな「うどん吉」と言う店に行った。
それぞれ好きなものを食べようと言うことで、私はざる蕎麦それも大盛りを戴くことにした。
出てきた大盛りのお蕎麦の色艶を一目見て、これは美味しそうだなと直感した。案にたがわずその美味しさは今までのお蕎麦でも十指に入るぐらいの美味しさだった。その証拠に大盛りを平らげたのに何か食い足りない感じがしたほどである。
他のメンバーもそれぞれうどん、そばを食べていたが口々にその美味しさを褒めたたえていた。
夫婦二人の経営で店構えも小さく、初めての店であまり期待していなかったことを申し訳なく思ったほどである。近いうちにもう一度訪ねたいと思っている。

  ざるそばの涼しさ喉を通り過ぐ  英世

スポンサーサイト

コメント

Re: もう、7月!

ととろ様

おはようございます。
もう7月、早いものですね。この分だともうすぐお正月?
昔はうどん派だったのですが、東京生活が長くなり、いつの間にか蕎麦派になりました。
会社の先輩が神田の蕎麦屋の息子だったこともあり、よく食べに行きました。
本場の信州に足を延ばしたこともありました。
今日は午前中がシルバーの安全大会、午後は句会です。
友人の絵画の作品展にも招待されていますが、今日は行けそうにはありません。
忙しい一日になりそうですが、何もしないよりはましだと思って頑張ります。

もう、7月!

大津様、7月初日の朝です。今日は32度になるそうな。
ソロソロ梅雨明け近しでしょうか。
 お蕎麦・・・実家の父も蕎麦好き、一緒に出掛けると必ず蕎麦。
中・高校生時代は「たまには洋風なものを」と思ったものでした。
結婚すると舅も蕎麦好き。定年後の舅の病院通いのお共をすると「N子さん、蕎麦でも食べようか」と。夫も蕎麦好き。久住や由布院あたりに山野草探訪の時も蕎麦屋さんに立ち寄ることが多いです。家のお昼も良くざるやとろろ蕎麦など用意します。
 大津様の蕎麦好きの話から、亡き舅や父の思い出が
 蘇った今朝でした。何だかお礼言いたい気持ちになっています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1157-e4293aa7

 | BLOG TOP |