一句の風景

ヘルメット枕代わりに三尺寝

今朝はこの夏初めての熊蝉の鳴声を聞いた。いよいよ夏本番である。
さて、今日の一句はある新築現場の傍を通りかかった時のことである。
その建築は最近少なくなった純木造の和風の家で、数人の大工が働いていた。
私が通りかかったのはちょうど昼時で職人が昼寝を楽しんでいる時だった。そのうちの一人は適当な枕代わりがなかったのか自分のヘルメットを枕にして眠っていた。
私にはその光景が何となく長閑に見えて、思わずああこれが三尺寝かとつぶやいた。
この句はその時の風景を即座に詠んだものである。
2013年(平成25年)7月「季題:三尺寝(夏)」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1167-9b1cd8dc

 | BLOG TOP |