一句の風景

ホームより長き列車や油照

東京のある小さな駅でのことである。
車掌が車内放送で列車の到着を知らせるとともに、降車用のホームが短いので後尾の車両は前方の車両から降りるようにと案内していた。
乗客も慣れたものでたんたんと前方の車両から降りている。
この日はあたかも夏の暑い盛りで、つまり油照の暑さの中で何の不満も言わず下りる乗客にしばし注目していた時に詠んだ句である
2013年(平成25年)7月「季題:油照(夏)」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1177-7660d704

 | BLOG TOP |