蝉は暑さに弱い

先日駕与丁公園を吟行していた時に気が付いたのだが、夏の虫の代表のように言われている蝉はどうも暑さに弱いようである。
蝉時雨と言われるように夏に一斉に鳴き出すわけだが、その鳴き声は大きな樹が茂った樹林の日影に集中し、日向にまばらに立っている樹からはほとんど聞こえ来なかった。
そう言えば、家の近くのあの元気者の熊蝉が鳴くのも朝がほとんどで、昼間は葉陰でじっとしている。
資料によるとヒグラシもミンミンゼミもどうも暑さが苦手のようである。
そんなに暑さが苦手なら、何もこの暑い中に羽化せず、もう少し涼しくなってそうすればよかろうにと、つい余計なことを言いたくなる。熊蝉からすれば「私の勝手でしょう」と言うだろうが。
そういった意味では法師蝉は夏の終わりから秋口にかけて鳴き始める。何と利口な蝉だろう。

  鳴くと言ふよりも熊蝉がなり立て  英世

スポンサーサイト

コメント

Re: 我が家の庭で羽化した蝉114匹!

ととろ様
こんにちは。
先ほどある友人のお別れ会で先ほど帰ってまいりました。
詳しいことは後日ブログでお話ししますが、突然の別れとは悲しいものです。
何故か蝉の一生を思い浮かべました。
                 英世

我が家の庭で羽化した蝉114匹!

大津様、一本ある八朔の樹木の下あたりが這い出た
穴が一番多いです。我が家の昆虫老年のチェックによると
114匹羽化したそうです。毎晩様子を見ていました。

 確かに・・・朝は物凄い勢いで合唱しているのに、真昼時は
我が家の庭も静かです。九博のひんやりした裏山あたりは
涼しいからでしょうか。昼間も賑やかです。
今現在、庭は至って静か。朝5時頃は降るように啼いておりました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1180-156b4954

 | BLOG TOP |