負け試合

一昨日、あまりの暑さに耐えかねて、家を抜け出し図書館に行った帰りのことである。
渋滞の車の中から何気なしに外を見ていると、歩道を蟻の列のようにゆっくりゆっくり、しかも元気なさそうに歩く人の列に出くわした。よく見るとその列はヤフドームから街の方へ連なっている。
カーラジオからはソフトバンクと日本ハムの試合で、地元ソフトバンクが8対3とリードされていると報じていた。
そうか、観客は結果を待たず、8回表でもう負けるものと思い込んで帰り始めていたのである。
昔、広島球場に地元の友人と巨人対広島の試合を見に行った時に、巨人がリードして私が大喜びしているときに、広島ファンの友人は突然帰って飲みに行こうと言いだした。
そうか、この人たちはその時の友人と同じ心境なのだなと納得した。
折しも突然の夕立が彼らを襲った。大粒の雨と雷鳴の中で彼らの背中は一層寂しげであった。

  負け試合なれども夏の甲子園  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1197-99c6aa98

 | BLOG TOP |