天の川が見たい

昨日は虹を見たくなり自分で作った話をしたが、今日は天の川の話である。
この時期、俳句の世界では天の川がよく詠まれる。
ところがこの数年、天の川をまともに見たことがない。都会の空は街の灯りや大気の汚れで、天の川どころか星座もまともに見ることができないのである。
天の川は夜空を横切るように存在する雲状の光の帯のことで、俳句では銀河又は銀漢として詠まれることもある。
日本では、夏と冬に天の川が南北に頭の上を越える位置に来る。また、他の星も天の川の周辺に多いので、夏と冬の夜空はにぎやかになるが、福岡ではそれを見ることもできない。最近見たこともない天の川を詠めとは酷なものである。
私が天の川を見てすばらしいと感じたのは、久住高原に寝そべって星空を眺めていた時のことで、あの天の川だけは今でも忘れられず、常々もう一度見てみたいと思っている。
また、星の里・星野村でもよく見えるらしいのでそこにも行って見たいものである。
むかし久住高原で天の川を詠んだ句を今日の一句としよう。

  漆黒の闇の草原銀河濃し  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1205-b35c0562

 | BLOG TOP |