体操に体が馴れた

昨日は継続する事の大切さをお話ししたが、今日は体操に対する体の馴れをお話ししよう。
スクラッチ体操を始めたころは、終り近くになると腰はふらつき息が上がっていたが、このところそんなことはなく楽に体操をすることができるようになった。
心なしか足腰が強くなり、関節をはじめ体全体が柔らかくなったような気がする。つまり体が体操に馴れてきた証拠である。
子供の頃、長距離系であった私は元来心臓が強いのか、息が上がってダウンすることはなかった。走るのは確かにきつい。息が全く上がらないかと言うとそうではない。
ただ、息が上がり苦しいがそこで止めたら元も子もないと、辛抱して走り続けているうちに体の方が自然と馴れてきて、30分ほどは楽に走れるようになってきたのである。(もっとも今そんなことしたら死んでしまうが)
体操も然りで段々と体が馴れてきて、15分ほどの体操では抵抗を感じなくなったのであろう。
それにしても暑い。体操が済むと全身汗まみれだがこればかりはどうしようもない。

  秋風や心ゆくまで深呼吸 英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1212-acb0331c

 | BLOG TOP |