九月の花ごよみ「撫子(なでしこ)」

nadesi5.jpg nadesi8.jpg

母は料理と花が大好きで、その母が愛した花の一つに撫子がある。
私の実家は典型的な農家の作りで、広い庭は野菜畑と母の花壇があり、私たちの野球場でもあった。その花壇の片隅に咲いていたのがこの撫子である。
撫子は花の時期が長く実際は6月ごろから咲き続けるが、「万葉集」で山上憶良が秋の七草の中にこの撫子を詠んだことから秋の花とされたとある。
日本古来の撫子を大和撫子、河原撫子と言うが、これは中国の撫子「石竹」に対する呼び名である。
ただ、大和撫子と呼ぶだけでなぜか日本の女性の清楚さを表し、また母性愛を象徴するような気がするのはなぜだろうか。
ちなみに、母の日に贈るあのカーネーションも実はこの撫子の仲間である。

  撫子や長女にきつき母の愛  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1221-74f54d08

 | BLOG TOP |