花は裏切らない

2016092015420000.jpg
昨年、筥崎宮からいただいた白彼岸花(リコリスの仲間)が、我が家の庭を明るく照らしてくれた話をしたが、今年はその彼岸花がなかなか芽を出してくれなかった。
九月上旬には野の赤い彼岸花が満開だと言うのに何の音沙汰もない。何かの理由で球根が腐ってしまったのかもしれない。
資料によると彼岸花の仲間はどうも水分を嫌うらしく、もしかしたら私が毎日毎日水をやったのが原因だろうか。いずれにしても咲かなかったことは事実である。
友人の話によると二年に一度しか咲かない植物もあるので、そうではないかと言ってくれたが、私を慰めるために言ってるのではと疑ってしまったほどである。
ところが、お彼岸ぴったりに急に芽を出したかと思うと、あっという間に満開になりしかもその株数が増えていた。彼らはしっかりと生きていたのである。
白い可憐な花の写真を撮りながら、彼岸花は私を裏切らなかったのだと思うと感謝の念で一杯になった。
思うにこの白い彼岸花は遅咲きの種類のようである。来年はお彼岸のその日まで慌てずじっくり待つとしよう。

  彼岸花二年に一度咲くことも  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1242-f5e12c72

 | BLOG TOP |