植物園吟行

昨日の渦潮句会吟行はいつもの植物園であった。
この日はあいにくの大雨で、このような雨の中に植物園を訪れるのは私たちのような俳句狂人の他には居なかった。
それでも植物園に一歩足を踏み入れると、コスモスが雨に打たれながらも笑顔で私たち狂人を迎えてくれた。
能古島ほどの群生ではないが、秋霖に濡れながら群れ咲いているコスモスは私たちの心を癒してくれる。
更に園の奥に歩を進めると、これまた秋の薔薇が香しい匂いを放っていた。
来月の中旬には秋の薔薇祭りが開催されると言うので、その時にはまた訪れたいと思わずにはいられない咲きっぷりであった。
その大雨の中で詠んだ句の中から、例によってこの日の一句をご紹介しよう。

  秋霖を厭はず俳句狂の傘  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1249-648147e8

 | BLOG TOP |