美しい相撲

相撲大好きと言うわけではないが、やはり日本人力士の活躍があれば、テレビ桟敷に座り込むこともある。
そんな折、相撲は美しいなと思う出来事があった。
日本相撲協会が東京五輪を盛り上げようと、外国人や障害者らに相撲に親しんでもらうためのイベントを開いたが、その中で、日馬富士と鶴竜の両横綱が相撲の基本形と言われる上、中、下段の「三段構え」を貴乃花以来20年ぶりに披露したのである。
テレビニュースで見た私は思わず「美しい」と口にした。
ゆったりとした動きの中に、流れるような「三段構え」が披露されると、相撲が格闘技であることを忘れさせてしまう。
相撲は本来神事である。その神に鍛え抜かれた美しい肉体と戦いの型を披露することから始まったのかもしれない。

 大前の型美しき相撲かな  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1256-19bcb280

 | BLOG TOP |