菊人形

今回の硯潮句会の兼題は「菊人形」と「馬鈴薯」つまりじゃがいもであった。
まず菊人形だが、ずばり菊の花を衣装や小道具にして作った人形のことである。
菊花展などと共に神社や公園で展示されることが多く、その題材は歌舞伎や狂言そして山笠のように時代物を題材にしたものが多い。
菊人形はあくまでも菊であり、何日かの展示期間中には水撒きや時期を過ぎた花を摘み取ることも欠かせない。
俳句ではその菊の花そのものを詠む場合が多いが、菊人形の世話や世話する人を詠むことも多い。
そのような菊人形の句の中から今日の一句をご紹介しよう。

  咲き満ちて大年寄の菊人形  英世

スポンサーサイト

コメント

Re: 菊人形

こんにちは。
句会と二次会お疲れさまでした。
偶々菊人形の句が注目を浴びたとしても次回に繋がるかどうか。
次回また頑張りたいと思っています。

菊人形

おはようございます。

先日の句会ではお世話になりました。

菊人形の句、さすがでした(^^♪

最近菊人形に接していませんので、想像で作りました。
点数的には今までで最高だったと思いますが、
内容はまだまだだなあと。。。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1272-f90348e0

 | BLOG TOP |