冬野十一月号

早々と冬野十一月号が手元に届いた。
相変わらず雑詠欄の成績は散々であったが、読み返して見るとそれもやんぬるかなといった駄句ばかりであった。その時はいい句だと思ったのに。
その分、冬野集では「天国の父と・・・」の句に選者の評を頂いたので、それで帳消しとして自分を慰めた。
例によってその他の句会の入選句と共にご紹介しよう。
冬野十一月号
 魂を揺さぶられたる花火かな
 秋蝶の鉄条網を抜けにけり
 星一つ流れ都会の隈に住む
 露けしや一人欠けたる夜の句座
 盆唄のこころ奏づる七五調
 朝顔かと軽くつぶやき庭手入
 天国の父と酌みたし遠花火
 七夕や笹のはみ出す軽貨物
 濡れ色に艶めく朝の芙蓉かな
 化野の風の騒めき竹の春
 深紅とてどこか翳りの秋の薔薇
冬野インターネット俳句会
 紙と言ふ文化危ふし秋灯下
 望郷の歌を唄ひて惜しむ秋
俳句ステーション
 化野の風の騒めき竹の春
 よそ者も身振り手振りの阿波踊
 すぐそこと一キロ先の里の秋
愚陀仏庵インターネット俳句会
 自動ドア日傘の花を呑み込めり

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1286-2e313fe7

 | BLOG TOP |