立冬

今回の鴻臚句会の兼題は「立冬」と「紅葉散る」であった。
まず立冬であるが、言うまでもなく冬に入る日で、今年は11月7日であった。今でもはっきり覚えているがその日は穏やかな青空で、立冬と言うよりはまさに小春日和と言った感じであった。
それでも北の国からは早くも雪の便りが届き、この暖かい九州でも冬と聞くだけで心が引き締まってくるから不思議である。
これから日差も弱く日暮れも早くなり、特に朝などは思わぬ冷気に首をすくめるようになり、本格的な冬を迎えることになる。
そのような今朝の冬を詠んだ句の中から今日の一句をご紹介しよう。

  旅心潰えぬままに冬に入る  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1298-dec73286

 | BLOG TOP |