洋服ブラシ

先日更衣をした。
更衣のシーズンになるといつも思い出すのが、クロークにぶら下がっている洋服ブラシである。
その洋服ブラシ、何の変哲もないものであるが買った経緯が面白い。
平成元年、東京に単身赴任した折、最初に住まいに決めたのが勧進相撲発祥の地「両国」であった。
この地に住むからには、その地の歴史や特徴を知っておかねばというのが私の流儀である。
町を散策すると、お相撲さん用の大きな下着や足袋など、製造直販の衣食住に関係したお店があちこちにあった。
あまり大きくはないがいずれも歴史を感じさせる店ばかりである。
その一つにこのブラシの卸屋があった。
両国に住む記念にと洋服ブラシを求めたところ、卸屋だからと断りながらも一本分けてくれた。
両国の楽しかった思い出と共に、それが今でも使っているブラシである。

 薫風や大川端に住むことに  英世

001_20130526063427.jpg 003_20130526063431.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/13-c93b7117

 | BLOG TOP |