俳優「寺島進」

テレビドラマはめったに見ないが、NHK大河ドラマの「真田丸」だけは楽しく見ている。生来歴史ものが好きだからかもしれない。
その真田丸の中で信濃の国衆・出浦昌相(いでうらまさすけ)を演じてきた寺島進に興味を持っている。
彼はこのところ真田丸などテレビドラマで華々しく活躍しており、私好みの飄々としたその憎めない風貌と、殺陣を学んだ正統派の演技はスポーツ選手並みの相当の迫力である。
以前は私の意識に全くない俳優で、チンピラやくざや使いっ走りの役ばかり演じていたらしいが、徐々に出番が多くなり今や押しも押されぬ第一線スターである。
先日、10年ぐらい前のドラマの再放送を見ていたら、出演者の終りの方に小さく彼の名前を見つけた。名前を憶えた今だからこそ気づいたようなものである。
私の好きな小林念持や大地康雄もそうだが、昔の映画やテレビドラマでキャストの字幕にも載せてもらえなかった役者が、努力に努力を重ね一流の俳優になっていくことに、希望というか喜びと言うか何かほのぼのとしたものを感じている。

  迫力の演技に押され新酒酌む  英世

スポンサーサイト

コメント

Re: 寺島進さん、個性的な良い俳優さんですね。

おはようございます。
まさに日本芸能ドリームですね。
世代交代はやむを得ないとしても、本当に実力のある役者だけが残っていくのでしょう。
また、どんな役者が現れるか楽しみです。

寺島進さん、個性的な良い俳優さんですね。

大津様、お早うございます。秋の吟行楽しんでいらっしゃることと存じます。
 寺島進さん、悪役とかが多かったけど、最近スポット当たって
良い役者さん!俳優さん達が随分入れ替わってというか・・・
最近はちょっとした役をしていた脇役さん達が
自分の個性を出し手大きな役をなさることが多くなりました。
世代交代の感があります。若い頃の苦労を経て、魅力ある個性のある役者に育って行く人見ると嬉しくなります。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1300-2761770b

 | BLOG TOP |