紅葉散る

今回の硯潮句会の兼題は「紅葉散る」と「茶の花」であった。
紅葉散るは先日の鴻臚句会にも出された兼題で、それほどこの時期中心をなす季題と言うことである。
俳句の会「鴻臚」の時期は冬紅葉の盛りでまだ散るという風情はなかった。それではと少し高い場所、即ち油山のもみじ谷を訪ねたところ、十二月間近のこの日は北風に散りゆく紅葉が見事な美しさを演じていた。
冬の日にキラキラと輝いていた紅葉もこの風に散らされ、やがて静かに冬を迎えることになる。
紅葉は散りゆくさまの美しさと、やがて来る静かな冬に向って少なからずはかなさを感じるものでもある。
そのような散紅葉を詠んだ句の中から今日の一句をご紹介しよう。

  散紅葉掃くも修行の新発意  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1302-3e9fd82b

 | BLOG TOP |