私の本棚「養生訓」

先日、貝原益軒の墓のある金龍寺を吟行したのを機に、彼の著作「養生訓」を読み返してみた。
養生訓(ようじょうくん)は、正徳2年(1712年)に福岡藩の儒学者、貝原益軒によって書かれた、養生(健康法)についての指南書である。
益軒83歳の著作だけに長寿を全うするための身体や精神の養生を中心に説いている。
まず、⒈道を行い、善を積むことを楽しむ ⒉病にかかることの無い健康な生活を快く楽しむ ⒊長寿を楽しむ と三楽を説いている。
また、その長寿を全うするための条件として、1あれこれ食べてみたいという食欲 2色欲 3むやみに眠りたがる欲 4徒らに喋りたがる欲 を慎むべしとしている。
さらに、食事に関する詳細な指南や、季節ごとの気温や湿度などの変化に合わせた体調の管理をすることにより、初めて健康な身体での長寿が得られるとしている。
これらはすべて彼の実体験で、彼の妻もそのままに実践していたと言われている。
今日の予防医学の走りのようであり、今の私の生活ぶりをこの養生訓に照らし合わせてみると、益軒先生には到底褒めて貰えそうもない。

  養生訓手許に熱燗酌みにけり  英世

益軒 yjimage_20161209075339a7a.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1322-f46de5b3

 | BLOG TOP |