着ぶくれ

冬の蝶と同時に出された兼題が着ぶくれであった。
着ぶくれ、つまり冬の寒さに着物を重ね着して丸まっていることを言い、特にお年寄りに対して言うことが多い。
だが、寒い地方の着ぶくれには炬燵布団をそっくり被ったような雰囲気で、寒さに抵抗する生活のにおいがする。
また、防寒のためとはいえ女性はやはり着ぶくれにも気を使っている。色柄やスタイルに気を使った冬の着こなしで、着ぶくれと言うよりもまるで冬のファッションを楽しんでいるかのようである。
なお、若い者の着ぶくれは格好悪く様にならない。
その着ぶくれを詠んだ今日の一句をご紹介しよう。

 着ぶくれてなほ端正に着こなせり  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1325-17a2cef3

 | BLOG TOP |