あみ漬

キムチあみ漬なるものを家内が買ってきた。
「あみ」とは小エビに似た甲殻類の一種で、それを塩漬けにしたのがあみ漬である。
私の子供の頃は有明海の名産で、おかずの少ない時代にこのあみ漬だけでご飯を何杯も食べたものである。
その頃は両親に高血圧症などの健康に関する知識もなく、私たちが美味しいと喜ぶものだから何も考えずに食べさせていたのであろう。
買ってきたのはこのあみ漬にキムチをまぶして風味を持たせたものである。
その懐かしいあみ漬かと、少しぐらいならよかろうと食べてみたところ、今にも吐き出しそうな塩辛さであった。
健常者には美味しいものかもしれないが、高血圧気味で薄味になれた今の私にはどうしても食べられない代物であった。
あみ漬けには申し訳ないと思いながらもそっくり捨てることにした。味見もしないで買ったのも悪いのだが。

  薄味になれし食卓クリスマス  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1338-1f135671

 | BLOG TOP |