初暦

昨日の元日は素晴らしい天気に見舞われ、東の空を拝して今年一年の平和と安寧を祈った。夕方は長男、長女一家が勢ぞろいして屠蘇の儀を行い、ここでまた今年一年の無事を誓った。
さて、俳句の会鴻臚では平成29年度の暦(カレンダーではない)を買って全員に配布した。つまり俳句で言うところの初暦である。
暦は俳句に欠かせない小道具である。
暦には方位や運勢の他に吉凶を占う選日、そしてその日その日の行事や過去の出来事、偉人の忌日などが記されている。特に立春、啓蟄などの二十四節季とその説明は俳句の重要な季であり重宝している。
また、欠かせないのが旧暦の表示である。俳句では月の満ち引きなど何かと旧暦を利用することが多いのでこの暦が欠かせない。
ことしもこの暦を利用して大いに句を詠み吟行や句会を楽しむとしよう。

  初暦神のみぞ知る我が未来  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1347-cff3f6eb

 | BLOG TOP |