一月の花ごよみ「柊」

柊といえばギザギザした棘を持つ植物で、日本だけではなく西洋でも悪魔を追っ払う植物とされている。
葉は対生し革質で光沢があり、その形は楕円形から卵状長楕円形をしている。その縁には先が鋭い刺となった鋭鋸歯がある。
その昔このブログでお話しした事があるが、老樹になると柊の葉の刺は次第に少なくなり、縁は丸くなってしまう。つまり、人間と同じように年を取ると丸みが出て来るということであろうか。
また、節分の行事の一つとして、節分の夜に焼いた鰯の頭を柊の枝に刺し、戸口に挿しておくと鬼や邪気が家に紛れ込むのを防ぐまじないがある。鰯のほか葱、豆殻、らっきょう、にんにくなど地方によって鬼よけの品は異なるが、私は一度も見たことがない。
なお、柊の花は11月ごろ木犀に似た白い小花が群がり咲き芳香を放つ。

  柊の花や庄屋の名残門  英世

スポンサーサイト

コメント

Re: こんにちは♪

新春の明るい日差しの下にご家族の皆様と輝かしい元旦をお迎えのことと存じます。
今年一年良い年でありますように祈念いたします。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
                   

こんにちは♪

ご挨拶が遅くなってしまいましたが,
あけましておめでとうございます。

今年も懲りずによろしくお付き合いくださいませ♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1349-7d70dbaf

 | BLOG TOP |